テント・シート・オーニング・看板サインの設計から施工までお任せください。

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】

製品特長

  • シート取付は押さえバー(350mmピッチでビス穴あき)で押さえ、付属のピアスビスで揉むだけ。
  • 両側から操作できる間仕切ロック(両開用・片開用)の取付可能。
  • 取手(L型)はクロームメッキで傷がつきにくく、固定ネジを回すだけで好きな高さに簡単取付。
  • 間仕切り用ランナー使用で、取付てから高さの調整可能。ベアリング入りで快適走行。
  • コーナー、3方での使用も可能。(押えバー取手部に取手の取付可能)

D40間仕切ポール取付寸法図

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】D40間仕切ポール取付寸法図カーテン用間仕切ポール【押えバータイプ】 組み立て図

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】組み立て図間仕切用ランナー(ベアリング入り)

レールに間仕切を吊るのに最適なランナーです。

コロはベアリング入り、枠はダイカスト製で走行性・耐久性抜群のランナーです。

レールに吊るしてからでも高さ調整が可能です。

ポールに6mmの穴をあけ、取り付けてください。

中間ポール

シートの中間に取付け、横風によるバタつきを止め、下部からの隙間風の進入を防ぎます。

MGベルト

ゴム製のマグネットで、サイドポールの上部から差し込みます。

上から下まで隙間なく強力にくっつきます。

左右でN極・S極があります。(N極にはV溝があります)

N/S極が中央で分かれているため、ずれることがなく、ポールの面がピッタリ揃います。

押えバー

所定のピッチ(350mm)で下穴があいています。

シートを挟み電動ドライバーを使ってピアスビスを固定してください。

取っ手

サイドポールに上下から差込み、高さを決めてネジをまわすだけで固定できます。

形は開けやすいL型になっています。

クロームメッキ仕上げです。

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】断面寸法図

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】寸法図

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】カーテン構成図

カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】カーテン構成図

日本テント製作所について

当社ではカーテン、間仕切・パーテーションを設計から施工まで全て行なっております。

ご相談やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

カーテンに関する情報は取扱商品カーテン・間仕切りからもご覧頂けます。

当社の施工事例はカーテン施工事例又はテントなお仕事ブログからご覧ください。

カタログ

>>カーテン用・間仕切ポール【押えバータイプ】 カタログPDF

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6992-3440 受付時間 8:30~17:30(日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 日本テント製作所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.