USJ機械室カーテン  USJ機械室カーテン

高速道路の高架橋の主塔の中にある機械室を熱から守る為にカーテンで間仕切りエアコンブース状にする工事を承りました。

高架橋の足元から専用のエレベーターで昇り、主塔の入り口から内部に入って狭くて暗い空間を更に2階分下った所への設置です。

内部構造体への取付は溶接や穴を開ける事が一切できない為、パイラック等を使用してカーテン下地を取り付けました。

使用した生地は間仕切りカーテンによく利用される透明糸入りフィルムです。

より詳しい施工内容はテントなお仕事ブログをご覧ください。