大阪府下の住宅のリニューアル工事の現場で 設計事務所のご指示で 外付用ボックスタイプスクリーンを施工させて頂きました。

カーテンなどを用いて屋内側で遮熱を行うよりも窓ガラスよりも外側での遮熱対策は効率的に室内の温度コントロールを行う事が出来ます。

スクリーンはスタイリッシュなボックスタイプで雨水などでバネが劣化を起こさないようにステンレス製のバネを使用しています。

通常は白色の焼き付け塗装品となりますが、今回は外壁に合わせる為にシルバー色に焼付しています。

使い方は簡単でスクリーンバーを引っ張り降ろして、下の引掛け金具に留めるだけです。

より詳しい施工内容はテントなお仕事ブログをご覧ください。